RESTORATION service

修復・変換サービス

古いテープやフィルムはどのように保管していますか?
以下のような状況が1つでも当てはまるのであれば、是非ご相談下さい!
  • テープは2年に1回程度巻き戻しが必要とされているが、5年以上再生していない 

  • VTRテープなど、再生することのできないアナログデータが沢山ある

  • 古いテープやフィルムの整理や管理に困っている

  • 再生不可のため、何が映っているかわからない

  • テープの保管場所の湿度や温度管理ができていない

  • フィルムから酸っぱい臭いがしている

​このようになる前に早めのデジタル化をお勧め致します
カチカチに劣化した16mmフィルム
カチカチに劣化した16mmフィルム
press to zoom
劣化したマイクロフィルム
劣化したマイクロフィルム
press to zoom
損傷したVHSテープ
損傷したVHSテープ
press to zoom
変形した8mmフィルム
変形した8mmフィルム
press to zoom
変形した8mmフィルム
変形した8mmフィルム
press to zoom
カビだらけのVHSテープ
カビだらけのVHSテープ
press to zoom
古いアナログ映像は大切な資産です。


いつか必要な時にデジタル化すれば良いとお考えではありませんか?
古いフィルムやテープは日々劣化し続けています。

アナログ映像機器の部品生産及び修理対応が終了してしまった現在、

一刻も早いデジタル化をお勧めします。
再生ができなくなる前に、お持ちのテープやフィルムをご確認下さい。

デジタルテープの多くにもカビが発生し始めています。

​古いメディアは、ご自分で再生する前に弊社までお持ち下さい。

Untitled.jpg
Untitled.jpg
なぜフィルムは劣化するのでしょう?

不適切な環境

フィルムは高温多湿を苦手とするため、適切に管理しないと、空気中の​水分によりTACベースが加水分解して、酢酸が発生し、ビネガーシンドロームを起こしてしまいます。

不適切な取扱い

乱暴に扱うことにより、パーフォレーションが切れたり、フィルムにキズや汚れが付着してたりするので、取扱いに注意する必要があります。

不適切な修復

フィルムが切れた際にセロハンテープ等で接合すると、テープの接着剤によってフィルムが変色を起こしたり、べたつくことがあります。

メンテナンス

フィルムの特性から、長期間の保存は難しく、定期的なメンテナンスが必要です。常に涼しく、湿気のない場所に保管できない場合は、確実に劣化が始まります。

​テープの経年劣化とは

貼り付きの様子をビデオで御覧ください!

長期保管しているテープは、磁性体のバインダーの劣化が原因で貼り付きやカビが発生し、再生不可能な場合があります。再生できたとしても、ヘッドを破損してしまうなど、デッキの故障原因となります。

テープ貼りつきの様子
​たった30秒再生させただけで、こんなことに!
経年によるメディアの劣化はテープ切れの要因やVTRの故障につながります。
クリーニングの必要性

古いメディアには、カビ、貼り付き、切れ、折れなど様々な問題があります。

特に目に見えない貼り付きなどは再生するまでわかりません。

弊社では、10年以上前のメディアはすべて熱処理及びクリーニングをさせて頂いております。

熱処理及びクリーニングすることで、テープ切れを防止し、より美しい映像をデジタイズすることができます。

クリーニングは各種デッキを取り揃えておりますので、お問い合わせ下さい。

D1, D2テープ専用クリーニング機器
1吋テープ専用クリーニング機器

弊社ではあらゆるメディアの修復・クリーニングに対応しております。
早い段階でのテープクリーニング及び映像修復が、よりきれいな映像を保つための秘訣です。

古いフィルムやテープは貼り付きがある場合が多いので、クリーニング前の再生はお控え下さい。
熱処理などクリーニングを行った後に、デジタル化致します。ぜひご相談下さい。

man2.png

クリーニングをしても取れない傷やしわなどはデジタル映像修復をお勧めします。

弊社ではSnellのArchangel Ph.C-HDなど、様々な画像補正システムを使用し、メディアのクリーニングでは取り切れないゴミや劣化を修復します。

リアルタイム自動画質補正により、ダストノイズ、スクラッチ、ドロップアウトなどの除去を行います。フィルムグレインノイズやフリッカーも除去可能です。

古いメディアからそのままデジタル化しても、きれいな映像は蘇りません。
是非デジタル映像修復をお試し下さい。